食糧自給率の裏側とは?歴史から解説

※この記事の内容は無料メルマガvol7のアーカイブです。

 

こんにちは、ジャンです。

 

今日は食料の歴史の話です。

近代農業が発展してきた歴史を

振り返ってみたいと思います。

 

 

食糧自給率が重要な理由とは

 

今現在に至っても、農業のテーマといえば

あいもかわらず食糧増産、生産拡大です。

 

「食料自給率」は常に問題の焦点となり、

また、それは国家の重要課題とされています。

 

その最大の理由は、
みなさん、なんだと思われますか?

 

もちろん、食料は大切なものです。

 

それを滞りなく供給することは、

国民生活、ひいては国家の存亡に

関わる重要な問題なのは、

容易に理解できることでしょう。

 

しかしそれは、実は建前でしかありません。

 

そこには為政者の政治的な本質、

というか国家の重大な要素​が​隠されています。

 

 

 

食糧自給率に貢献した技術

Wikipediaより

 

農業の革命や発見には、

いくつか大きなものがありますが、

もっとも大きなものに、

アンモニア生成技術の発見があります。

 

第1次大戦前のドイツで、それははじまります。

ハーバーボッシュ法というのをご存知でしょうか?

 

それは「空気からパンを作る技術」として知られました。

空気中の窒素を、アンモニアの形で固定する技術です。

 

アンモニアは分解されると窒素になりますが、

アンモニア(硝酸アンモニウム)は同時に火薬の原料になります。

 

戦をするには食料備蓄は欠かせないのと、

もちろん、武器弾薬も欠かせない。

 

ハーバーボッシュ法はそれらを同時に

また空気から得られる、

まさに奇跡の方法でした。

 

こうした化学肥料が開発されるまで、

現存する最高の肥料といえば、

南米の海鳥が排泄する「グアノ」でした。

大航海時代はまた、グアノ大輸入時代とも言えるわけです。

 

もともと土地生産力の低かった西洋諸国を、

グアノは一気に豊かにし、

同時に爆薬も生産可能にしました。

 

しかし、グアノにも問題もありました。

海鳥のフンは「有限」なのです。

生産量には当然限りがあります。

 

そこに現れたのがハーバーボッシュ法なのです。
(化学肥料は軍事施設から生まれ​ました)

 

ハーバーボッシュ法を開発したおかげで、

ドイツは食糧と弾薬を確保し、

戦争を始めることができたのです。

 

しかし、

ハーバーボッシュ法の発明と功績は、

実はそれだけではありません。

 

ハーバーボッシュ法における最大の革命があります。

 

それは人類が、

いつでも戦争ができる状態

を手に入れたこと。

 

実はこれがもっとも大きな革命と言えるのです。

 

 

食糧自給率の裏側

 

それまで戦争は「必ず農閑期にしか」行われませんでした。

戦に必要な兵糧、つまり食糧生産を、

いくさで中断するわけにいかなかったからです。

 

また、戦う兵力も農民です。

「貧しい者が最前線」

これが現代も続いている、

いくさの慣わし、現実です。

 

非常にアタマにくる話ですが、

これが古来より続く、戦の大前提です。

 

戦に駆り出される人びとはみな、

もちろん平和のために戦うのですが、

為政者にとって、「戦争とは経済」です。

 

儲けるためにやっている、

いわば一大公共事業??みたいなもんです。

 

人類にとって生存は、

もっとも価値があるため、

人々は生きるために最大の支払いを惜しみません。

 

(なので強力な武器の価格は青天井方式)

 

戦争とは、もっとも支払い​額の大きい、

もっとも高額で卑劣なビジネス」なんですね。

 

それが「農閑期以外でも」できるようになる…。

 

当時の為政者にとっては、

まさに邪悪な「夢の実現」だったわけです。

 

現代の経済も、主流は植民地経済、

および戦争経済(有事と平時の技術転用)で成り立っていますから、

冷戦は今現在も続いていると言えるわけですね。

 

火薬の主役はアンモニアからプルトニウムに変ったのですが、

未だに増産、拡大と言っているのは、こうした理由からです。

国家安全保障の名目で、

いつでも戦争ができるようにですね。

 

今回は少し暗い話題でしたが、

知っておいてほしい事実をお伝えしました。

 

それでは今日のお話はこの辺で。

また次回もお楽しみに〜

 

このブログはアーカイブです。

⇒同じ内容をリアルタイムで読める無料メルマガの登録はこちら

無料メルマガ 「分け合えるお庭から」 登録ページ

 

オンラインで学べる『自給農法zoom講座』はこちら

自給農法zoom講座について

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です